近年、ネットで韓国語を学ぶ事も出来ますから、忙しい人でも自分の住まいや出先で学習可能なのです。 それに、韓国語(入試では出題される著者がある程度限定されていますね)の学習方法を紹介しているサイトをみて、効率よく韓国語を学ぶための学習計画を立てることもできます。 動画や音声で発音を学べるサイトもありますし、映画やドラマで韓国語(子供の頃から本を読む習慣があると、得意であることが多いようです)を学ぶ講座、日本のニュースを韓国語(これだけは苦手という方も少なくはないでしょう)にしているラジオなどもあり、ご自身の興味にあわせて選ぶことも可能です。 また、単語帳や辞典、よく使うフレーズなんかもネットで調べられますから、学習費用の節約にも繋がります。 もちろん、本になっている単語帳や辞典、参考書(買っただけで頭が良くなった気になってはいませんか)などにも良さはありますが、ネットを利用すればお金をかけずにいくらでも韓国語(子供の頃から本を読む習慣があると、得意であることが多いようです)を学ぶ事が可能なのです。 加えて、韓国語を勉強していて何か困ったことやわからないことも出てきたら、ネットの掲示板で質問すれば、詳しい人に教えてもらえるでしょう。 もし、無料のサイトでの韓国語(得意な人は得意、苦手な人は何をどうすれねいいのかもわからないという教科でしょう)学習が物足りなくなってきた時には、有料のオンライン韓国語スクール(入会金や教材費など、月謝とは別にお金が必要になることも少なくありません)を利用するのもオススメです。 自宅にいながらにして、マンツーマンで韓国語を学べますし、スクール(何か学びたいと思った場合、自分に合ったところを選ぶことが大切です)に通うよりも安く済みます。 ネット環境にいるのに韓国語(教科書には必ずといっていいくらい、夏目漱石の作品が載っていますよね)の学習にネットを使わないなんて、もったいないにもほどがありますよー